横浜たまプラーザでMr.ビットコインこと加納氏を招いたセッション大盛り上がり

加納裕三 福田峰之 古林紀哉

2017年6月4日(日)の19:00 – 21:00 で2回目をやりました。
たまプラーザ・ビットコイン・セッション

横浜市で初めてビットコインが使えるようになった実店舗「3丁目カフェ」でのお酒を飲みながらのトークセッションです。

今回のゲストは、日本ブロックチェーン協会代表理事の加納裕三さん。特別ゲストは衆議院議員の福田峰之さんです。

たまプラーザ・ビットコイン・セッションは20人ぐらいの小さな集まりにもかかわらず、今回とてもラッキーでして。ビットコイン業界団体のトップ、いわば日本のミスター・ビットコインというボジションの加納裕三さんをゲストに招くことができたんですね。

そんな加納さん、ゲストにもかかわらず、ポケットからスマホを取り出して当日の会費をビットコインでお支払い。スマートですね。

セッションが始まる前に、私もツーショット写真をリクエストしてしまいました。

そしてセッション。20人規模のはずが、39人も集まっちゃいました。すごかったですね、たまプラーザ・鷺沼・あざみ野の一駅圏内の人が半分、それ以外の方が約半分で、東京や埼玉からわざわざ来られた方も。そして、ビットコイン持っている人とそうでない人が半分半分って感じ。

そしてお酒を飲みながら、ビットコインの最近の出来事や素朴な疑問をゲストに聞いていきます。

  • Suicaとビットコインの違いは何ですか?
  • 初めてビッココインを買った時、1BTCいくらでしたか?
  • ブロックチェーンとは?
  • マイニングはどうやってやるの?
  • どうして値段が上がるんですか?
  • 参加者からのびっくりな質問、などなど

それがですね、さすがミスタービットコインは説明がわかりやすい。そこへ持ってきて、仮想通貨法に尽力した福田さんが、自身のエピソードを交えて別の角度から説明してくれました。福田さんのフォロー・コメント、これがまた熱くて面白い。福田さんはマイニング現場を視察したことがあるんですって!

どう面白いかは参加した人だけのお楽しみ。ぜひ、次回に参加してくださいね。

最後は、ビットコイン持っている人から加納さんへ、「ぜひたまプラーザ方面に、ビットコイン決済の営業強化をしてください。」 加納さんからビットコインをまだ持っていない人へ、「ビットコインを買うならビットフラーヤ」。

そんな感じで、第二回も盛り上がりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする