起業家として

起業家として

絵カードの大きさを揃えると、生活スキルが伸びる!?(自閉症支援の標準化)

みなさんが何気なく使っているキャッシュカード。最近はどこのコンビニでもお金をおろせるので便利になりました。 ところで、あなたの使っているキャッシュカードの大きさを知っていますか? 85.60 x 53.98 mm です。 も...
起業家として

起業支援センター「まちなかbizあおば」2周年パーティー

さる6月1日の夜、「まちbizあおば」の2周年パーティーが行われました。 私が、「まちbizあおば」に入会したのは、2015年9月。野村総合研究所を退職し、自閉症児支援のための新ビジネスを起こそうとしていることでした。当時、まちbiz...
視覚支援

「視覚支援のメカニズムと自閉症の隠れた特徴」が意味するところ

スケジュールやカレンダーの視覚支援というと、多くの人が「あぁ、あれね!絵カードを見せてあげると、お子さんが生活しやすくなるという」と想像するようになっています。 自閉症のお子さんがいて、しゃべれないとすると、コニュニケーションに絵カー...
起業家として

自閉症療育におけるフォーマットの威力

自閉症のお子さんの療育には、視覚支援が有効だと言われています。そして、視覚支援の具体的な代表例は、 1日のスケジュール カレンダー (生活スキル)の手順書 です。 お子さんが言葉が喋れる/喋れないに関係なく、視覚...
起業家として

その製品やサービスはどうして今まで無かったのか?

OICHIという団体が主催し、年に一度開催している、OICHIビジネスアワード&交流会が先日の1月23日土曜日にありました。そこで私は「自閉症児の家庭療育を支援グッズで応援する事業」を発表し、栄えあるグランプリを頂きました。 プレゼン...
タイトルとURLをコピーしました