バリュードメインで instapage を使う時の設定

インスタページ

DNS設定が上手くいかない。
せっかくワクワクして、インスタページに登録したのに。
いや、クレジットカードを引っ張り出してきて、インスタページに登録したのに。

そうだ、ググってみよう。

検索しても情報がない。見つかったのは、「バリュードメインでの設定方法がわません。教えてください!」というページが1ページだけ。(もう、そのページは消えてます)。

私の場合、結果的に2日目で、解決しました。

同じように悩んでいる人がいるかもしれないので、メモとして記事を書いておきます。

instapage内の手順案内が英語なのと、DNS設定の時にCNAMEというあまり使わない設定が必要なこと、この二つで壁にぶち当たる人が多いのかと思います。でも、設定自体は簡単です。

ちなみに、バリュードメインとは、ドメイン登録事業者の名前です。instapage とは、マーケッターが自分でランディングページの作成とA/Bテストができる環境です。

インスタページで作ったページが公開できる場所(おさらい)

ここの部分は、もう知っている人は読み飛ばしてください。

インスタページで作ったページは、大別すると3つのパターンで公開できます。

  1. あなたの管理しているドメインのサブドメイン。例えば、私のこのサイトは、kobayashinoriya.jp です。もちろんこのドメインは私が管理しています。そのサブドメインとして公開できます。例えば、in.kobayashinoriya.jp です。例にしたサブドメイン(in)の部分は何でも構いません。( サブドメインを instapage の “in” にする人が多いようです)。実際のサーバは、instapage 社のサーバーを使うことになります。そのサーバは、secure.pageserve.co です。そして、あなたが作ったランディンページは、in.kobayashinoriya.jp/page1 などの名前で公開されます。
  2. あなたが管理している WordPress のサイト内。例えば、私のこのサイト kobayashinoriya.jp は WordPress で動いています。そのサイトの中に、instapageで作ったランディングページを突っ込むことができます。そして、kobayashinoriya.jp/page2 などの名前で公開できます。ちなみに、Drupal(ドルーパル)でのサイトでもランディングページを公開できます。(私はやったことがないので、それ以上は分かりません)
  3. instapage社の提供しているサーバー上。pagedemo.co サイトのサブドメインとして公開されます。例えば、page3.pagedemo.co と言った具合です。ただし、テスト的な利用を想定しているようで、ここをバンバン使うことは推奨されていませんん。

この記事は、1番目のパターンでの設定の解説です。

instapageのページをあなたのサブドメインで運用する設定

それでは、instapage内での設定に移りましょう。既にやっている人は、見たことのある画面キャプチャーだと思います。

番号の通りにクリックしていくと、上のような画面になります。まだ⑤は押さないでね。

ドメイン・レジストラーの候補が出てきます。米国では有名どころなんでしょうが。バリュードメインはありません。なので、Otherを選んで、value-domain.com と入力します。そして⑤ CONTINUE をクリックします。

この画面では、あなたの管理しているドメイン名を入力してください。バリュードメインで取得したドメインです。

この画面で、サブドメインを入力します。サブドメインの名前は何でも構いません。先にも書きましたが、in というサブドドメイン名を使う人が多いようです。

ここに、英語での説明が出てきますね。

かいつまんで言うと。あなたのレジストラー(この場合はバリュードメイン)のDNS設定で、CNAME を使って、あなたの指定したサブドメインを、secure.pageserver.co に向けなさい。と書いてあるだけです。

CONTINUE ボタンを押すと、次のような画面になります。

これでもう、instapage側の設定は終わっているのです。

このポップアップ・ウインドウを閉じると次のような画面になります。

私のサイトなので、サイト名は灰色で隠してあります。

青線で囲った部分。Waiting for SSL Panding… となっていますね。あなたが公開したいサイトは、自動的に、しかも追加料金なしで、SSL対応になります。https で運用できます。

でも今はまだ、SSLの設定待ちです。

2日ほどすると、この画面は、次のようになります。

青枠で囲った部分。Connected Applied に変わっているのが、分かると思います。

バリュードメインでのDNS設定(instapage向け)

ここからは、value-domain.com に移ってください。

DNSの設定です。バリュードメイン内のメニューは日本語です。なので、DNS設定画面への行き方は割愛します。

あなたの管理しているドメインのDNSを設定します。

このスクリーンショットは、実際の私の管理しているドメインなので、所々灰色で数字を隠しています。ご了承ください。

設定すべきは、たった1行。上のスクリーンショットでは、青線で囲った部分です。

cname in secure.pageserve.co.

これは、サブドメイン in を secure.pageserve.co にエイリアスする、設定です。

in の部分は、サブドメイン名です。どんな名前でも構いません。instapage側で入力した名前と同じにしてください。

secure.pageserve.co の部分は、instapageが指定しているサーバです。

最後の “.” が重要です。instapageの英語説明には出てきません。バリュードメインのDNS設定方法のcnameの例にも出てきません。ドメインを省略なしで書く場合は、最後に “.” が必要です。

設定内容を入力したら、[保存]しましょう。

DNS設定は即時にはインターネットには反映されません。経験上、数時間で反映されるようです。まあ、1日ぐらいは待ってみてください。

感想

ネットワーク技術者にとっては、常識的なことなんだろうと思います。でも、ランディンページを書くマーケターにとっては、なかなかの落とし穴。単純なDNS設定はできるんですけどね。”.” に重要な意味があったとは知りませんでした。

あるいは、バリュードメインのヘルプデスクにメールで問い合わせれば、1日で回答が来たんだろうと思います。幸い、インスタページを使い始めて2日目で自己解決したので、メールはしませんでしたが。

このページをお読みになった方へ: 設定を見直して、ランディングページをどんどん書きましょう!

ご質問がある方は、コメント欄にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました